大きく羽ばたかれます

MISSのイベントや活動に関わって下さった方はそれがきっかけで大きく飛躍発展される方が多いようです。

 

去年のMISSクリスマスパーティーでピアノの弾き語りをして下さった、シンガーソングライターの馬場千代さん。

今は、海外からの引き合いも多く活躍の場が大きく広がりました。

 

馬場千代さんも、MISSとの出会いから大きく飛躍されたお一人です。

 

数年前までご自身が、続けたい音楽をするために某外資系薬品メーカーのOLをしておられたようです。

 

ご自身の活動の中で、まるで天から言葉がおりてくるような感覚が何度もあり、その言葉を発信し続ける必要性、使命感にかられてご自身の時間を音楽を発信するために使うようになったといいます。

 

そんな、千代さんですが、MISSのクリスマスパーティに来てくださった頃から大きく変わりました。

それまでの千代さんは、周りの期待に応えようとして生きて来られました。

周りに自分を合わせ顧客満足度を自分の満足と捉え自分の本質を見失いかけていたのです。

 

ある日、方向性の違うクライアントからのオファーを受けて要望に応えようとしたのですが、自分の魂が喜んでいないと感じます。

そのクライアントはお世話になっている方だったので葛藤したそうです。

そんなとき、樹齢1000年の野間の大けやきに会いに行ったとき、小さなけやきの木が1000年の間に自分が大きくなるために幹を太くさせ無駄なものをそぎ落としここまで生きている、それを見たときにご自身の本質に気が付いた、と。

 

ご自身の課題・使命は「音楽を通して世界に愛と平和を発信し世界中の方の一助となるのが、自分の目指す方向である。

要らないものは捨てるべき」だと気が付かれたと千代さんは話されます。

 

その後、決死の覚悟でご自身の思いをクライアントに伝え、しっかり話したことでその方とは相互理解に至ったそうです。

 

そのころにMISSのクリスマスパーティーに弾き語りでご出演して下さったんですが、そのあと千代さんは

「自分と同じ幹を持つ同士が世界各地にいることに気づいた。その人達と手を取り合って自分の軸をしっかりと持つことで自分の意識が変わって世界が変わった」と実感されたようです。

 

その大きな心の変化を経て、日本だけにとどまらず大きく世界へ羽ばたくことになった千代さん。

 

「ありのままの自分」を選択し相手を変えようとしなかったことで大きな気づきを得られました。

 

千代さんにとっての愛とは

 

「あたたかみのある循環を分かち合えること。」

 

お互いにリスペクトがあって自分の恵みを実感できるんだそうです。

 

千代さんの声には、全てを許し、育くんでくれる、温かさに満ちています。

 

自分には発信する使命がある、と強い思いを話して下さった千代さん。

 

彼女の強い思いが聞く人に感動を与えるのでしょう。

 

今年のMISSクリスマスパーティーにもご出演してくださるので、千代さんの清らかな声を聞きたい方は是非、ご参加くださると嬉しいです。