· 

「BIKATSU×マルシェautumn festival in 2017」~愛と美と癒しの収穫祭~開催

「BIKATSU×マルシェautumn festival in 2017」~愛と美と癒しの収穫祭~ が10月14日、中之島中央公会堂にて開催されました。

 

空模様が気になったものの、降ったり止んだりでなんとかもってくれました。

会場の中央公会堂を埋め尽くす圧巻の130ブースは、癒し、マッサージから物販、そしてなんといっても“美活”ならではのビューティゾーンは“美”のスペシャリストが勢ぞろいしました。

 

どのブースも終日お客様と笑顔が絶えませんでしたが、過去最高の売り上げだったブースや物販のブースでは完売になったブース数店あったほどでした。

 


 

イベント前の準備として「お客様が立ち寄りたくなるブース作り」のセミナーで先生に教えて頂いたことをしっかりと実践されていた方や、前回の春の「BIKATSU×マルシェ」準備セミナーでは、“場立ち”の基本を講師の先生に教えて頂いたのですが、教えて頂いたことを忘れずにしっかりとお客様とのコミュニケーションづくりに生かされていた方も多数居られました。

 

沢山のお客様が来場されるなか、せっかく足を留めて頂いたお客様をその場限りにすることなくご自身のファンになって頂くよう、心掛けておられたブースの方も多数居られて、お客様との縁を大切にされていることがよく伝わってきました。

 

今回の「BIKATSU×マルシェautumn festival in 2017」では、目玉企画として一般モデルを30名公募して“オータムファッションショー”を開催致しました。

協賛企業様の提供による、衣装・アクセサリー・ボディージュエリー・ヘッドフラワー・ヘッドドレス・バックなどを身にまとった一般モデル30名は、この日初めてレッドカーペットを歩いた方も何人かおられたようですが、美の専門家により、メイク・ヘアセットをし、衣装を着てアクセサリーやボディージュエリー・ヘッドドレスを着けてもらい、ウオーキングレッスンで仕上げる・・・

 

一つずつ一人ずつ、まるでスイッチが入っていくかのようにモデルさんらしくなっていく様は女子の底力を見たような気がしました。

 


女性はいつでもいつまでもキレイに輝ける、を実感させてくれたファッションショーになりました。

会場からは、「あんな綺麗なドレス、私も着たい」「今度は私が出る」「私も綺麗になりたい」と早くも次回のリクエストを頂いています。

MISSの次回のファッションショーに乞うご期待ください。

さらにグレードアップするかも? (笑)

 

イベント最後のステージは、フラメンコショー。

始めて生で見た方も多かったと思います。

生歌と生演奏をバックに迫力のある情熱のダンスは中央公会堂のクラッシックな雰囲気ととてもマッチし見る人を釘付けにしました。

こんな情熱溢れたダンスを目の前で見られるなんてとても得した気分になりました。

 

次回の「BIKATSU×マルシェ」は2018年4月29日(日)

中之島ラブセントラルです。

 

 

 

 

ゴールデンウイークの最中のメインイベントに是非今から予定を合わせておいてくださいね。